くらしき総合福祉専門学校:介護職員初任者研修

介護職員初任者研修 通信課程
2019年7月開講 受講生募集受付開始!

※申込み受付を終了しました。
本校では「これから介護職をめざそうとする方」や「ご自宅でちょっとした介護が必要となった方」、「介護に興味・関心のある方」などを対象に「介護職員初任者研修」を行っています。
今回は2019年7月開講のご案内です。
お申込みの内容など詳しくは「受講生募集のご案内(要項)」をご覧ください。
>>受講生募集のご案内(要項)
>>「受講申込書」こちらから


特長
その1 介護福祉士養成校の専任教員資格をもつ教員が講師です! 
だからスクーリング(授業)も解り易い!
その2
受講期間は4ヶ月。ゆっくり学べます!
その3 スクーリングは週1日。火曜日の9:00~16:10
その4 受講料が最大6割引になるトク割制度あり。




受講料 & トク割制度 について

通常料金
1 入学金    10,000円
2 受講料 100,000円

テキストは介護職員初任者研修テキスト1巻・2巻(中央法規)を使用します。
希望者には本校を通じて販売します。金額は5,400円(税込み)です。



トク割りでお得!
1 受講料トク割制度 
大人割 20歳以上で介護職の経験がない方、または、現在介護職事業所にお勤めでない方は、
入学金免除+受講料が半額!
※ 通常 110,000円が50,000円
学生トク割 学生(高校生、大学生、短大生、専門学校生等)の方は、入学金免除+受講料6割引
※ 通常 110,000円が60,000円!


2 介護事業所からのお申込み特典 
 介護事業所にお勤めの方の特典です。
 介護事業所からのお申し込みの場合、
 ①入学金0円
 ②研修用テキスト
(5,400円相当)をサービス!

※受講料割引きの併用はできませんのでご了承ください。






補 足


介護福祉士実務者研修について
介護系資格の中で唯一の国家資格である「介護福祉士」を取得するには2つの方法があります。
一つは本校の介護福祉学科のように2年課程以上の介護福祉士養成校に入学し、国家試験免除 参考リンク で取得する方法(養成校ルート)と、もう一つは介護職の実務に就いて経験を積んだのち、国家試験に合格し資格を取得する方法(実務者ルート)です。

実務者ルートにおける介護福祉士国家試験の受験資格は「3年以上の介護職経験」と「6ヶ月以上の養成課程の修了」が義務付けられていますが、この養成課程を「介護福祉士実務者研修(以下 実務者研修)」といい、ほとんどの養成機関(学校)は通信課程で行われています。

介護系資格の無い方が、はじめから実務者研修を受講することは可能ですが、初任者研修のスクーリング(通学学習)は約90時間で、そのほとんどが「生活支援技術(介護技術等の学習)」であるのに対し、実務者研修のスクーリングは30時間余りしかなく「介護過程Ⅲ(ケアプラン作成を学習する科目)」が中心です。

つまり、実務者研修では介護職で一番大切な「介護技術」の学習はすべて通信学習となっていることから、経験が無い方が ”チカラ” をつけるには「初任者・実務者の両方の研修」か「実務者研修の通学課程」の受講が望まれています。
ただし「実務者研修の通学課程」はほど開講されていませんし、たとえあった場合でも6ヶ月間は平日の朝から夕方までは授業を受けなければなりません。


なお、実務者研修の時間数は研修時間数は450時間(6ヶ月以上)となっていますが、介護職員初任者研修の修了者は130時間が免除になり、研修期間は4ヶ月で修了します。

※介護福祉士実務者研修についてはこちらもご参考にして下さい。