くらしき総合福祉専門学校:介護福祉士実務者研修

2019年8月開講!
介護福祉士実務者研修2019年度開催のお知らせ

申込み受付を終了しました。

介護福祉士実務者研修2019年度開催について

2020年1月の国家試験に間に合う「介護福祉士実務者研修・通信課程」を8月から開催します。
受講料の割引きやお得なテキスト(14,000円相当)のサービスがございます。
詳しくは「受講生募集のご案内」をご覧ください。
>>受講生募集のご案内(要項)
>>「受講申込書」はこちらから

無資格の方が
実務者研修「通信課程」を申し込むときのご注意!


介護系資格の無い方が、最初から実務者研修を受講することは法律的には可能ですが、「通信教育」での受講はとてもお勧めできません。
実務者研修のスクーリング(通学学習)は「介護過程Ⅲ(ケアプラン作成を学習する介護系の科目)」が30時間、「医療的ケア(たんの吸引・経管栄養の医療系の科目)演習」が適当数となっています。しかし、生活支援技術(介護技術含む)の学習はすべて通信学習となっています。

つまり、介護福祉士になるための応用的な科目のスクーリングはありますが、介護福祉士の基本中の基本である介護技術の学習は自宅でテキストを読み、課題を行うだけの学習となります。

それに対し、介護職員初任者研修の受講時間数は130時間と短いですが、そのうちスクーリングは約90時間、そのほとんどが「生活支援技術(介護技術含む)」の演習となっています。

つまり、無資格の方が実務者研修「通信課程」を修了し資格証をもって介護事業所に勤務したとしても、介護の基本的な技術力が無いことから、とても困ってしまいます。

資格の無い方が介護福祉士としての ”チカラ” をつけるには最初に初任者研修を受講したあと、実務者研修を受講する方が理想的です。
  ※ 初任者研修の受講についてはこちらをご参照下さい。


アクセス(ご来校方法) 

詳しくはこちらから>>