くらしき総合福祉専門学校:学費

学   費

1年間の学納金は国公立大学並みの 55 万円です!

入学金 150,000円
   入学金は合格発表日から3月15日までの納入になります。
 
学納金 550,000円/1年間

 (内訳:授業料 360,000円 施設費 150,000円  実習費 40,000円

学納金は前後期2分割納入です。前期分は4月末日までに、後期分は10月末日までに、それぞれ275,000円の納入となります

また、ご家庭の経済事情や不測の災害などのため、納入が困難になった場合には、分割納入・納入期日延期を認める場合もあります。 詳しくは本校までお問い合わせください。
※初年度の諸費用(テキスト代及び教材費等)は次のとおりとなります。
  実習服・シューズ(2足) 14,300円、教科書代  38,232円
  保険料 2,000円、演習費ほか 5,000円     (2017年度実績)




学費支援制度

本校では、経済的な学費支援体制として次の制度を設けています。

1.KURAFUKU介護雇用奨学金制度
    
<介護就職を希望している方のための奨学金制度です>
介護施設で働きながら、本校に通い、介護福祉士を目指す制度です。
水清会グループの各法人の介護事業所(本校関連施設)と協力法人の介護事業所が実施する「奨学生職員採用試験」に合格することで、本校の入学試験も同時合格。2年間分の学納金は全額無利子で貸与します。
高校卒業後の4月からは、学校に通いながら施設に非常勤職員(アルバイト雇用)として働き、卒業後は介護福祉士として正職員で働きます。
卒業後3年間勤務することで奨学金は全額返済免除となります。
>>詳しくはこちらから(PDF)



2. KURAFUKU介護福祉士修学資金貸付制度
学納金の後払い的な奨学金制度です。不測の経済事情の悪化又は災害など緊急時に対応できます。

 内     容
学業成績が優秀で、かつ、出席状況が良好な者が、経済的事情で就学が困難な場合、本校を卒業後、水清会グループの介護事業所(本校関連施設)に就職し、返還が完了するまでの期間勤務することを条件に学納金の支払を猶予します。(無利子)
 貸与金額
 最大1,100,000円(275,000円×4回)
 貸与方法
 原則、半期ごとの学納金納付の際、充当する形で貸出します。
 返還方法 月額返還金額は就職した事業所と相談の上決定し、給与から返還金額をその事業所に納入。

 


3. 入学金3月納入制度
6月のAO入試でも、10月の第1次入試、12月の第3次入試でも、すべての入試の入学金納入は3月まで!


4.関連施設アルバイト制度
社会福祉法人薫風会の特別養護老人ホームみどり荘をはじめとした介護施設と、医療法人水清会 水島第一病院では、毎年、くらふく生専用のアルバイトを募集しています。
これらの施設は学校から徒歩5分圏内。授業が終わった放課後にアルバイトに入ることも可能です。




5. 特待生制度
(1)特待生制度の種別

  入学時特待生
本校が実施する「入学時特待生選抜推薦入学試験」を受験し、その成績が優秀な者。
  在校時特待生
1年生前後期・2年生前期のそれぞれ成績が同学年全体の上位で、かつ、出席状況が良好で、適性を有する者として本校校長が認めた者。

(2)特待生制度の内容
  入学時特待生A
  入学金と1年次の授業料を全額免除します。(若干名)
  入学時特待生B
  入学金を全額免除します。(若干名)
  入学時特待生C
  入学金の半額を免除します。(10名程度)
  在校時特待生
  2年次の授業料等(半期ごと)を免除します。(3名程度)

(3)入学時特待生選抜推薦入試
 名    称
入学時特待生選抜推薦入学試験(専願)
 受験資格
平成28年3月に高等学校を卒業見込の者で、調査書の評定が3.5以上、かつ、1年次から3年次1学期までの欠席日数が10日以内で、適性を有する者として学校長より推薦を受けた者。
 出願書類
入学願書・調査書・推薦書
 選考方法
書類選考、面接、作文、学科 (一般入試の科目に準ずる)
 その他 特待生非該当者は本校入試基準により合否判定をおこないます。この場合専願から外します。



6. 受験料免除制度


ミニミニオープンスクールに参加し、専願の入試制度で受験する方は受験料を全額免除します。
※専願の入試制度は次の通りです。
 AO入試・指定校推薦入試・推薦入試・入学時特待生選抜推薦入試、
 介護職特別推薦入試・社会人自己推薦入試




各種奨学金


岡山県介護福祉士等修学資金貸付制度、日本学生支援機構などの各種奨学金はこちらのページをご参照ください。