くらしき総合福祉専門学校:Voice

学生の声

学校生活は授業や実習だけでなく仲間とのコミュニケーションの場でもあります。
たくさんの友だちと共に素晴らしい時間を送っています。

毎日が充実した日々、私は楽しく学校生活を送っています。

森 早葵岡山県共生高等学校出身 森 早葵  

私が介護福祉士になりたいと思ったきっかけは中学生の時にあった職場体験です。ある老人ホームに行ったとき、そこで働いていた介護福祉士さんの仕事ぶりにとても共感したからです。「私もこんな人になりたい」、「人の役に立ちたい」、そんな思いから介護福祉士を目指すことにしました。

学校では友だちもたくさんでき、毎日がとても楽しく充実した学校生活を送っています。いろんなカリキュラムや実習を通じて常に新鮮な気持ちで学んでいます。特にさとまご実習はグループ施設が充実してるのでとても勉強になります。これからも目標に向かって一歩ずつ進んで行きたいと考えています。

たくさんの介護施設がある学校だから、安心して勉強できます。

坂本 武優岡山県立矢掛高等学校出身 坂本 武優  

僕は祖母が自宅で曽祖母の介護している姿をみて、この世界に入ろうと心に誓い介護福祉士養成校に進学しました。
「くらふく」は先生方の指導も解りやすく、介護施設が作った学校だから、毎日安心して授業や実習に取り組んでいます。

将来はご利用者の気持ちがわかる介護福祉士になり、皆さんに喜んで貰える仕事がしたいと思っています。

少しでも介護を必要とする方々の力になれればと思っています。

齋藤 友香岡山県立倉敷古城池高等学校出身 齋藤 友香  

世の中にはたくさんの介護が必要な方がいらっしゃいます。そんな方へ少しでも力になれればと思い介護福祉士を目指しました。

今では仲の良い友だちもたくさんでき、楽しい学校生活を送っています。「くらふく」は私たちが第1期生です。
出来たばかりの学校なので、いろんなことにチャレンジして、学校とともに成長していきたいと思っています。

いい先生、いい生徒…とても良い環境に恵まれた学校です。

原 かなえ倉敷翠松高等学校出身 原 かなえ  

学校説明会で先生方の熱い思いと丁寧な指導に魅力を感じこの学校に入学しました。
今はとても明るく楽しい日々を過ごしています。クラスには年上の方もおられ、いろんな意味で勉強になります。将来の目標は「たくさんの人と関わり共に成長していく」ことです。学校の雰囲気はとても良く、また新しい校舎もステキです。
恵まれた環境の中で充実した学校生活が送れてることがとても嬉しいです。


卒業生の声

山陽新聞2014年4月12日掲載

pdf版はこちらから<<