くらしき総合福祉専門学校:5つの特長

社会福祉法人が作るホンモノの介護福祉士養成校です。

「くらふく」5 の特長   

01. 社会福祉法人がホンキで作った
   ホンモノの介護福祉養成校!

本校は、社会福祉法人が運営する福祉の専門学校です。岡山県内に幾つかある介護福祉士養成校の中でも、介護福祉学科のみで、しかも福祉教育に特化した専門学校は本校だけ。

本校グループの母体である「水島第一病院」は1962年に開院し、1974年には社会福祉法人薫風会を設立、同時に「特別養護老人ホームみどり荘」を開設しました。
以来、デイサービスやグループホーム、介護付き有料老人ホーム、小規模多機能ホームなど、様々な介護事業所が入る複合型の福祉施設「みずしま総合福祉センター」と「つらじま総合福祉センター」を順次開設し、2013年には「かんだ総合福祉センター」をオープンさせます。

“福祉”を熟知した社会福祉法人が作る学校だから、本校の介護福祉士教育は“ホンモノ”です。

学校と福祉施設が、あなたの夢と学校生活を全面的にバックアップします!

02.経済的に安心して学べる学校です ~ 1年間の学費は 55 万円!

一般的に「介護の職場はすぐ辞める」と言われていますが、これは介護福祉士の資格がない方々のこと。今の介護現場は高い技術と豊かな知識が求められるため、介護福祉士を持たない新卒者は大変苦労しています。しかも、そのような方々が退職したら、もう介護の現場には帰ってきません。

逆に、介護福祉士養成校を卒業した介護福祉士はぜんぜん辞めません。

今では30歳前後で福祉施設の管理者や施設長をしている人たちもたくさんいます。

このようなことから、私たちは多くの人たちに専門学校で学んで介護福祉士を取得してもらいたいと考えました。

社会福祉法人の大きな特徴は、福祉性と公益性。それを最大限に活かした結果、本校の1年間の学費は国公立大学並みの55万円。学校運営のために必要な費用のみで構成しています。本校は経済的に安心して学べる学費体制です。

詳しくはこちら >>

03.高い教育力でホンモノの介護福祉士を養成します。

今の介護福祉教育が目標とする介護福祉士像は「介護・福祉・医療の知識と技術を学び、介護が必要な方々のその人らしい生活を支援すること。そしてそのために日々の生活プランを立案し、それが実践できる介護福祉士」となっています。

また、福祉施設も即戦力として、そのような人材を求めているのです。

本校の専任教員は介護福祉士養成の教育経験が豊かなベテラン教員が中心。他の養成校で学科長(教務主任)を経験された先生ばかりです。

また、グループ内の福祉施設で約10年勤務の若い職員たちを専任教員として育成しています。みなさんの”将来の目標”から直接学べるのも本校の魅力です!

04.さとまご実習とアクティビティサービスで、介護の実践力を養います!

さとまご実習とはグループ内の福祉施設に訪問し、コミュニケーション能力とアクティビティの実践力を養う学習です。しかし、みなさんにとっては「学習」でも、利用者から見るとみなさんは自分の孫と同世代。定期的に訪問することで、利用者の方々はとても喜ばれます。「また来てくださいね」…次に訪問する日を楽しみにされるようになります。

アクティビティサービスとは、レクリエーションをさらに発展させた援助法です。

レクリエーションは皆で楽しむ「集団援助」が中心ですが、アクティビティは一人ひとりの生きがい生活を創造していく「個別援助」が中心になっています。本校では、アクティビティサービス協会が認定するアクティビティ・ワーカー資格も取得できるようにしています。

より豊かな人間性とコミュニケーション能力が自然と身に付けられるのは、福祉施設が母体である本校だけです。

アクティビティについてはこちら >>

さとまご実習についてはこちら >>

05.新築のステキな校舎で学ぶ学校生活…。もちろんグループ内の福祉施設でアルバイトも可能です!

本校の校舎は 2011年12月に完成したピカピカの新築校舎。ホワイトとブラウンを基調にしたヨーロピアンスタイルのステキな校舎です。しかも、学生のみなさんが効率よく、そして安心して学ぶことができるよういろんな工夫をしています。

みなさんが一日のうち一番長く使うところは、なんといっても普通教室。ゆったりとした広めのスペースで、すわり心地のいい椅子や学びやすい机にしてあります。

介護実習室は "生活を支援" をする介護福祉士を養成する学校だからこそ、"福祉" にこだわったつくりにしています。生活感のあるベットにしたのもその一つ。。。

そのほか図書ルームや家政実習室、入浴実習室。。。いろんな工夫をしています。

本校の年間学費は55万円。これを月額にすると約45,000円。

放課後や土日をつかったアルバイトでも、自分の学費を自分の給料から無理なく払っていくことでだって可能です。

しかも、グループ内の福祉施設で “くらふく生” 専用アルバイトも募集します。

グループ内の福祉施設はすべて徒歩3分圏内。授業が終わった放課後に、そのままアルバイトに入れます。